G-05CDT5F7LV
個人の感想

新車を安く買う方法ベスト5

新車を安く買った体験のみ書きます。これ以外の方法は色々な本が出て居るので参考にして下さい。

1 最終的に欲しい車を2台に絞り値引き状態の調査をして見る。 モデルチェンジ前なら値引き額が多くなり モデルチェンジ後だと値引き額は小さいです。(各ディーラーを訪問する)全て欲しいオプション(冬タイヤもお忘れなく)を付けた状態で見積もりをして貰う。

出来るだけ金額が高い程、その分ディーラーを利益が有るので値引き額が増えます。

同じ車でも地域を変え 販売店を変えて 同じ内容で見積もりを最低3社以上貰うようにする。

まずは、1番安い販売店を選ぶ この時点でも10万円位の差は出ています。

2 今の時点で1番安い販売店に行き 値引きが多ければ買うと意思を伝えて オプション価格が他より高い物が有ればその商品を安い販売店と同じ価格にして貰う(特に冬タイヤはかなり価格に開きが有ります。)これで5万位の差が出ます。

3 この時点での即決は、しないで検討します。と言って一旦帰ります。(プロのセールストークで見落とし等が出て来るので気を付ける。)残クレやその他の販売店が利益の出る商品を色々薦めて来るが話だけは聞いてあげる。

4 次に2番目に安い販売店に行き 他は ここまで頑張ってくれましたがどうしますか?とダメもとで聞いてみる。答えが当社では無理です。と言われれば今の価格がかなり安い物だと自信を持つ。もし検討しますと返事が来れば再見積もりをお願いする。ここで2万位は下がります。

5 時間を置くと1番安い販売店の営業マンが自宅に来て更に3万引くので今日決めて下さい。という事も有るので時間を掛けて交渉する事をオススメします。最後の決断前に要らないオプションをキャンセルする。

尚、上記はあくまで個人の感想なので最終的に自分で判断お願い致します。値引き金額だけでなく家の近くで便利とか 長年の付き合いとか 営業マンの印象とか トータルでお得になる様に考えて行きましょう。

ABOUT ME
ブログ タヌキ
60歳 男性 既婚、子供2人です。東北育ち。